恋愛成就のパワースポット北向観音

北向観音は恋愛成就・パワースポットとして若者に人気です。主なスポットは4つありますので、北向観音を参拝するときにはお忘れなく。

1.愛染カツラ

北向観音の愛染カツラ

愛染カツラは、縁結びの木として若者に人気です。お年寄り世代であれば、北向観音は知らなくても「愛染かつら」は知っているというぐらい、当時の「愛染かつら」は大ブームになったといわれてます。

愛染かつらに関する詳細はこちら

2.愛染堂

北向観音の境内にある愛染堂

北向観音の境内にある愛染堂には、愛染明王が安置されています。愛染明王は、恋愛成就を叶えるパワーは絶大だといわれており、昔から恋愛や縁結び信仰が行われてきました。

愛染カツラと一緒にお詣りするのが良いですね。

3.夫婦杉

北向観音境内にある夫婦杉

北向観音堂(本堂)の左側に杉の木が見えます。この杉、「夫婦杉」といわれています。

この写真だと角度的に少し分かりにくいのですが、この杉は杉本から二股に分かれてしまっているのです。しかし、どちらも大木で、仲良く並んで立っています。これは、夫婦円満の象徴として「めおと杉」などと呼ばれています。

4.湯かけ地蔵

北向観音近くの湯かけ地蔵

別所温泉にある湯かけ地蔵

北向観音の境内ではありませんが、北向観音の北側、境内から数分歩いた場所にあるのが湯かけ地蔵です。

立て札には次のようなことが書いてあります。

湯かけ地蔵
上田の在の信仰深い春蔵が、佐渡に流刑された日蓮上人を慕って佐渡のとある沼地を通りかかると「春蔵、春蔵」と呼ぶ声が聞こえた。あたりには誰もいない。
「泥にまみれて永いこと此処にいる。一度佐渡の湯につかりたい。身を清められたらお前の願いと叶えよう」
春蔵は驚いて沼に入り泥の中から一体の地蔵尊を取り出し、急ぎ信濃に帰り別所の湯に入れた。それからの春蔵は美しい女人と結ばれ子宝にも恵まれて幸せな日々を送ったという。

実際のお湯をかけてお詣りできるようになっていますので、北向観音へお出かけの際にはお忘れなく。

足湯「ななくり」のところにあります。

別所温泉の足湯ななくり

足湯ななくりは公園のようになっており、看板が立っていますので探せばすぐに見つかります。
足湯は無料で楽しむことができますので、足湯もぜひ体感してみてください。

北向観音の足湯についてはこちらで紹介しています。

 

 

Page top icon